多い病気の大腸がん【転移を防ぐ秘訣を知ろう】

日本人に多いがんです

女性

発見しづらいがんです

日本人が罹りやすいがんの一つに大腸がんが挙げられます。大腸がんは初期段階では症状が出づらく自覚症状も少ないため発見が遅れるがんの一つです。大腸がんの代表的な症状は血便や下痢、便秘などの便通の異常や腹痛、腹部のしこりなどがあります。血便は少量の血液の場合には便に混じってしまうため気が付きにくい傾向です。また、日常から便秘などの症状がある場合にも発見が遅れます。進行すると貧血や腸閉塞が起こり、はじめて大腸がんだと気が付くケースが多いのです。大腸がんは肛門に近いほど発見しやすく遠くなることで、発見が遅れる傾向です。このため多くの人は大腸がんと気が付かずに進行させてしまい、転移してから気が付くことが多いのが特徴です。

意識を持つことが大切です

日本人の死因の上位に常にがんが挙がります。このため最近では気軽に受けることができるがんの腫瘍マーカーなどもあります。病院に行くことなく通信販売で検査機関とやり取りができる簡易検査も多くあるため、定期的に利用することが大切です。また、30代を過ぎたら年に一回の人間ドッグなども受けることが求められます。しかしながら、まだまだこうした検査をうける意識が低い傾向にあるのが日本の現状です。このため、一人一人の意識の改革や検査費用の負担の軽減などが求められるのです。特に大腸がんのような早期の症状が少ないがんの場合には、定期検査などを受けることで早めに対処することができるのです。まずは自身の健康への意識を高く持つ人が増える必要が今後求められます。

先天性の能の病気

患者

脳動静脈奇形は高齢者ではなく若年層に多く見られる脳の病気であり、胎児の頃に何らかの異常によって発症する先天性の病気です。てんかんの発作や認知症状などが見られることもあるので、もし異常を感じたら検査を受ける必要があります。初期の段階であれば手術によって脳動静脈奇形は治療が可能となっています。

Read More...

小さな臓器がもたらす疾患

女の人

甲状腺は、人間に欠かせないエネルギーを作り出す重要な器官であり、この器官が異常をきたしてしまうと、バセドウ病や橋本病といった疾患になってしまうことがあります。汗をかく、眼球が飛び出る、または体がむくむ、太る、などの体の異常を感じた場合はすぐに病院へ行き、適切な検査と治療を受けることが大切です。

Read More...

腎臓治療の強い味方

医者

腎臓は体内の老廃物をろ過して排出する大切な臓器で、機能が低下してしまうと透析療法を受ける必要があります。透析療法にもいろいろなスタイルがありますので、適切なものを受けましょう。また、通院で透析療法を受ける場合、送迎サービスのあるクリニックがあります。申請基準等、事前に確認して於きましょう。

Read More...