多い病気の大腸がん【転移を防ぐ秘訣を知ろう】

先天性の能の病気

患者

若年層でも注意を

脳に関係する病気は色々とありますが、その多くは高齢者に多く見られる病気でもあります。しかし、高齢者ではなく若年層に多く見られる脳の病気というものも存在しています。それが脳動静脈奇形と呼ばれる病気です。脳動静脈奇形は先天性の病気であり、胎児の頃に何らかの異常によって脳内の静脈と動脈が直接繋がってしまっている病気です。あくまでも先天性の病気であって、遺伝したり生活習慣に問題があったりするわけではありませんので誰にも発症する可能性はあります。脳動静脈奇形になると血管から出血しやすくなってしまうため、脳内出血やくも膜下出血などの症状を引き起こす危険があります。てんかんの発作や認知症状などが見られることもあるので、異常を感じたら病院できちんと検査を受ける必要があります。

症状の軽い初期に治療を

若年層に多く見られる脳動静脈奇形は、毎年10万人に一人の割合で破裂しているとされています。破裂してしまうと、けいれんが起きたり意識を失うなどの症状が現れます。脳動静脈奇形が破裂してしまうと出血によって後遺症が残る危険性もありますので、そうなる前に症状が軽い初期の段階で治療を行う必要があります。脳動静脈奇形は薬によって治療を行うということが出来ませんので、手術にとって治療を行うことになります。開頭して脳動静脈奇形を摘出する手術や、ガンマナイフを使って手術を行う場合もあります。また、マイクロカテーテルなどを使用して行う脳血管内手術が行われることもあります。脳動静脈奇形は一度治療を行ってしまえば再発などの心配がない病気でもあります。